オンリーワン@宗教2世ブログ

変わった経歴の30代が思想・哲学・生き方を生き方をぶっ放します。

宗教2世ほど他人(教団)の人生を生きるのをやめよう

 

オンリーです。

連日、時間ができたのでブログ更新をします。

 

僕も家が天理教という

今の世の中的に俗にいう

 

「宗教2世」

 

と呼ばれる人種の人間ですが、

その中で、天理教にしても他の宗教にしても

 

または一般家庭の人たちでも多いのが

 

親や周りの人間から

 

「こうやって生きなさい」

 

というレールを

ひかれて生きていく人が多数だったりします。

 

例えば、実家の天理教で生まれた僕やその周りはどう

言われてきたか??

 

「中学を卒業したら天理の高校に行きなさい」

 

「高校を卒業したら天理大学か専修科に行きなさい」

 

「大学を卒業したら本部(宗教法人)で仕事するか、

大教会青年に行きなさい。」

 

「その後は結婚して、家族を作り、教会長として

お道の御用に全うしなさい。」

 

「そののちは、上級や大教会や本部の言っていることを素直に従いなさい。」

 

 

幸い、うちの家庭はここまでは言われなかったものの、

周りの人間はこのように言われている人たちは

割と多かったように思えます。

 

そしてその進路に親から言われたから進むと

後々親に「自分は〇〇大学に行きたかった」などというと

 

「いや、あんたが天理の大学にいくこと決めたはずよ。」

 

と、いつの間にやらそれ風なことにさせられていることも

人によってはあったりもしたでしょう。

 

(恐らく天理教のみならず、宗教2世や医者の家系・家を継ぐ家系などはこのようなことを言われてきた人が多いかと思います)

 

しかし、これって一体どういうことか??

 

簡単に言えば

 

「他人(教団)」の人生を生きている

 

に変わりはないわけです。

 

先日、久々に天理教信者の後輩(24歳くらい??)と

会うことがありましたが、

 

話していてしんどくなるほど、

会話に困りました。笑

 

理由は、自分のことではなく、

その子の話題のほとんどが他人のことや、

教団のことしか話さなかったからです。

 

「〇〇さん知り合いでしたよね??この間ここで会いましたよ」

 

「〇〇の系統の人ってこんな人多いですよね??」

 

「〇〇はどうしていくんでしょうねー??」

 

僕からすれば、内容はわかっているものの、

今となってはすべてがどうでもいい内容だったんですがw

(むしろ話の内容の薄さに途中からイライラしてましたがww)

 

「んじゃああなたはどうしたいの??」

 

て言うと

 

天理教の行事楽しいんで、

それをやっていくことを今後もしたいなーと思います。」

 

的な回答だったんですが、

 

んじゃあその先に何があるのか??

天理教信者なら恐らくそれで「陽気ぐらし」

つながると思う人がほとんどなのかもしれない。

 

でもそれって、一言で言うと

 

ただの「自己満足」

にすぎないんですね。

 

誰も得をしないことだということです。

その周りも、ただ単なる傷のなめ合いをしている

といっても過言ではない。

 

個人的には、もっと

「自分の人生を生きろよ!」

 

って割と素直に思ってしまったんですが、

 

割とそういう人って多いんだなーと実感をした出来事でした。

 

僕個人としては

そんな自分の人生を生きられない奴が仮に

天理教の教会長なったとして、

 

それで本当に世の中がよくなるのか?といえば

そんなことありえないわけです。

 

だって上の言うことを聞くだけとか、

周りの目を気にして、周りの他人の話しかせず、

 

決まり事だからといって

毎月何回も惰性でやるおつとめや行事をやって、

(真剣にやっている人はごめんなさいw)

 

酒やたばこ、

健康を害する食べ物ばかり食べている人たちに

 

「私たちが、陽気ぐらしを実現するようぼくになります」

 

なんて言われても、何の説得力もないわけですねww

 

だったら、教団から抜けて、

他人の人生を生きることをやめて

 

自分自身の本当の人生を生きる方が

もっと陽気ぐらしにつながります。

 

僕自身は、とある仕事でフリーランス

活動しているものの、

 

その仕事を通して、

最初は自分の為に稼ぎ、食っていけるようにという感じで

始めたものの、

 

今も自分の為ではあるものの、

それが自然と人の為になっているんだなーと

感じることが多々あったりします。

 

それを求めている人たちが一定数いるわけで、

その目的・理念に賛同してくれる人がいるからこそ、

 

今の仕事で食えている部分があります。

 

自分の人生を生きていきたいなら

 

・上(大教会・上級・親)のいうことは素直に断りましょう!

(嫌なことは素直に嫌といいましょう)

・周りの傷のなめ合うような人づきあいをなくしましょう

・共に何かを求めあえる仲間を作っていきましょう

月次祭や行事なども休んで、自分の考える時間を作りましょう

・自己投資(読書したり、セミナー行ったり)しましょう

・自分の人生は自分で舵をとりましょう

・環境を変えましょう

 

特に上の言うことを素直に断るは早ければ早い方がいいです。

 

僕は生憎、大学卒業あたりから

ちょいとずつしてきたものの、

 

できるのであれば中学・高校あたりでできると最高です。

 

天理の高校行くよりも

国公立・せめて関関同立くらいの大学行く方がいいですし、

 

大学も同様です。

家の事情や経済面などもあるとはいえ、

 

天理以外の高校・大学に行った方が

絶対に安泰です。

 

(その他のFラン大学行く方がまだましかも・・・)

 

卒業後も大教会青年はもってのほか、

天理教勤務にせよ、基本的にはしない方がベストです。

 

特に20代の時間はめちゃくちゃ尊い

30代の2年と20代の2年では全く意味合いが別物です。

 

その数年を教団や大教会に時間を注ぎ込むこと自体が

ありえないです。超もったいない。

 

奨学金返還できるとはいえ、

月2万以下の給料とあるかわからない休みが数日あるくらいの

安請け合いはするべきものではありません。

(20代の時間は普通に1か月の労働に100万の価値があるくらい)

 

(自分もある意味4年・高校大学合わせれば11年ドブに捨てたので、

現状めちゃくちゃ痛感しています。)

 

んで、大学以降は

 

絶対に「1人暮らし」をおススメします。

 

実家は家賃や生活費かからないのはありますが、

教会とかだと「お供え払え!」とか

言われるので

 

普通に賃貸に住む方が安泰ですし、

実家の空気感を割と影響受けてしまうので

 

親の影響を何も受けない「1人暮らし」が

一番最適だったりします。

(オンリーも昨年より1人暮らしやったものの、

これには感動するほど効果テキメンでしたw)

 

特に超高齢化社会の中で実家暮らしの最強のリスクは

「親の介護」です。

 

実家にいたら必然的に親の介護をするだけで

自分の人生を棒にふるうなんてざらにあります。

 

それだったら、実家を出て

「子供に介護してもらうなんて甘ったれたこと思うなよ」

 

と牽制をしておく方が得策です。

(その後は兄弟なり、話し合いとかになることになりますが・・・)

 

とはいえ、親にも自分の人生を生きてもらうきっかけになるので

そういう意味ではそっちのほうが得策です。

 

要は、他人の人生を生きるのをやめましょう。

 

あなたの人生は

 

天理教の為の人生なのか??

大教会長の為の人生なのか??

実の親の為の人生なのか??

周りの人たちの為の人生なのか??

 

今一度、考える必要があるなと思ったので

こんな記事を書かせてもらいました。

 

自分の人生を生きて、

その上で世の為・人の為にやっていくことを

おススメさせていただきます!

 

本日はここまで!

天理教にいた時が一番誰も信用できなかった話

オンリーです。

 

天理教である実家を出て

早1年が経とうとしています。

 

実家を出て1人暮らし。

 

最初は1人暮らしをするって

フリーランス個人事業主)として

やる身にとっては超絶ハードルが高かったのですが

 

やってみると案外実家時代よりお金もかからず、

本業での収益も現状右肩上がりのやり方を

踏襲しているおかげなのか、

 

実家住んでいる時期よりも

お金に関しても精神面に関しても

余裕ある生活ができてきている最近です。

 

さて、本日のお題は

 

天理教にいた時が一番誰も信用できなかった話」

 

という何とも辛らつな話をしていきます。笑

 

 

というのも、

先日、1年ほど付き合っている彼女と話をしている中で

 

自分自身が小・中・高・大学

そして天理教勤務時代などを経て、

 

フリーランスになる以前のことを振り返ったときに

 

「そういや俺、その辺とつながっている友達、全然いないんだよね。」

 

と話した時に

 

「それは何でなん??」

 

と聞かれたときに、

 

そういや

 

「なんでそういう友達、いなかったんかな??」

 

とふと疑問に思いました。

 

そこまで環境を変えないといけなかった事情ってなんだったのだろう??

 

それを自分自身もあんまり理解できていなかった部分がありました。

 

特に天理教と関わっていると一番の自慢できることって

知り合いの多さだったりします。

 

僕自身も、学生時代のみならず、

社会人になってからも

FACEBOOKなどの友達は1000人超えていれば、

 

高校や大学はともかく

天理教勤務時代以降は

誰とでも仲良くなれる

 

そんなコミュニケーション能力を

持っていたタイプでした。

 

しかし、周りからは

 

「オンリーは本当に俺の中で親友やで」

 

「オンリーに結婚式のスピーチをお願いしたい。

それくらい、俺のかけがえのない友達なんやで」

 

そう言ってくれている人というのも

割と多くいた中ではあるものの、

 

自分の中ではその子達を本当の「親友」

とは思っていなかった。

 

そんなことを話していて思い出しました。

 

周りはそれくらいめちゃくちゃしたってくれる奴も多く、

離れ離れになっても、仲良くしようぜと言ってくれた人も

通常の人よりはめちゃくちゃ多くいた中、

 

僕自身はどう思っていたか??

 

誰も自分の親友だと思える人がいなかったんです。

実はこれには大きな理由がありました。

 

それは、

 

「自分自身の本音を誰にも言えていなかった。」

 

彼女から聞かれ、

最終的に言語化していったときに

行きついた先がここにあったことを

先日、思い出しました。

 

当時の僕は八方美人。

誰の意見も尊重しつつ、

心の中では違う!と思いつつも

 

周りから嫌われないようにするためなのか??

周りとの調和を図るうえで

 

自分の意見、本音を絶対にさらけださないように

過ごしていた自分がいました。

 

「これを言ってしまったら、恐らくこの人たちとは考えが合わなくなるだろう」

 

「これを言ってしまうと、この世が終わるほどのことになりそう」

 

そんなことを思うことがほとんどでした。

 

特に宗教団体にいる人間というのは

基本的に宗教団体の教えや規則に従順なやつが多かったりします。

 

「上(大教会長・本部の人間)のいうことは絶対!」

 

「某ブログで教団のことを批判している奴はけしからん!」

 

「俺らは上の教団のいうことを素直に聞くことが仕事で、白だろうが黒だろうが、言ったことを忠実にやるのが俺らの使命や!」

 

そんな人らに

 

「いや、俺はその考え、全く理解できないんだよなー」

 

と心では思っているものの、

そういったことは言うことがないまま

 

天理教勤務を終え

実家に帰っていきました。

 

そこから天理に行く際にのみの場で

会うこともあったりするものの、

 

本当に仲いいわけでもなかったのか、

そののちは誰とも連絡することなく、

 

違う天理関係の人間と

表面上仲良くすることはあれど、

 

一定の距離を保ちながら

今の仕事のことを優先する毎日。

 

そうこうしているうちに

新たな人たちとの出会いというものを

求めたくなる自分がいました。

 

「本当に仲良くなれる友達っているんだろうか??」

「本当に何でも言い合える・尊重できる仲間や恋人がほしい」

 

そんなことを思い、

天理教を抜けることを覚悟し、

 

現在に至っています。

 

フリーランスになってから様々な出会いがありました。

仕事をしていく中でお会いする様々なお客様はもちろん、

 

一緒に事業やイベントを作っていく仲間。

 

ネットワークビジネス(事業者集団環境)などの

会合や様々なコミュニティなどにも足を運び、

 

どんな属性の人が来ているか??を

潜入して仲良くなったり、

 

マッチングアプリで出会った彼女(天理教とは無縁)

とお付き合いをし、

 

当時自分の中で本当に言えなかったこと、

人を全然信用していなかった自分が

割と本音を言えるようになったのは

 

ここ最近のことなんだなと痛感させられたわけですが・・・

 

何が言いたいかというと、

 

「本当の居場所、本音を言える場所は探せばどこかしらにあるということ。」

 

現代は家庭崩壊するところも多く、

家族や兄弟関係がディストピア

なっているところも多いと

お聞きします。

 

僕自身もフリーランスで仕事をすることを通して、

割とそういった人を信用できなかった人、

 

闇を抱えていた人・現在進行形で闇を抱えている人

 

そういった人と関わることも多かったりします。

 

が、その時にどれだけ親身になって聞いてあげられるか??

 

それをお供えや献金が当たり前のように行われて

助かるのは筋が通らなければ、

 

その謎の過去の清算をいつまでも続けないといけない

環境になっていることはいうまでもなく、

違和感を覚えていますが

 

そうじゃなく、

宗教とかそんなものを取っ払った

新たなコミュニティを作るはもちろんのこと、

 

自分自身のレベル・環境を変えていくことが

そういった本当の居場所・本音を言える場所に出会うことができる。

 

それがただ僕自身は実家の天理教ではなかったってだけ。

 

それ以外にええところはたくさんあるし、

むしろそれ以外の場所にいけるからこそ、

自分自身の人間的レベルの向上

 

「成程の人」

 

を目指せるなって感じです。

 

天理教はもちろんのこと、日本にしても

未来というのは「暗い」といわれることが

多いのが現状です。

 

でも、逆を言えば

 

「自分自身の未来は、どんな状況でも明るくすることができる」

 

自分自身の人生を決められるのは自分です。

 

自分自身の人生をよくしていき、

周りの人生を更によくできるような事業を作ったり、

活動をしていくことが、一番の「志」になる。

 

だからこそ、これから信用できる仲間・恋人などと

人生を歩んでいきたいですね。

 

本日はここまで!

 

天理教の教祖が提唱した商売人の「高う買って安く売れ」の本当の意味

オンリーです。

 

今回は天教教祖伝逸話編165にでてくる

 

「高う買うて」

 

という一番逸話編に残っている

不可解な考え方・思想について発信をしていきます。

 

wobiya.tokyo

 

学生時代や社会人になって

一時天理教にどっぷり浸かっていた(笑)時期があった中で

 

この考え方だけは僕もあんまりピンとこない状態で

現在の年齢になりましたが、

 

フリーランスとして活動していく中で

この考え方って割と頭で理解できていないと

絶対わからないなってことが

 

最近になって身に染みてわかったので

これを上手いこと記事にしちゃいたいと思います。

 

というより、この「高く買って安く売る」

普通に考えれば

 

確かにありえない考えです。

 

商売には確実に「原価」というものが

かかってきます。

 

飲食店などではいかにこの原価をおさえることが大切で

大体30%~40%くらいに抑え込むだけでもなかなか難しい。

 

そこに「人件費」という経費がかさんでくる以上、

利益を出すためにはいかに原価と経費を抑え込んで

利益に変えるか??

 

普通に考えたらそういった

発想になってしまうことが多かったりします。

 

しかし、これは一つの

「店舗」をもって「モノ」を売る

というパラダイムの中での話。

 

ある意味商売をしたことがない・

店を持つという発想しかなかったり、

 

もしくはやり始めた「従業員」レベルの頭の発想しかない場合は

このような考え方にしか陥らなくなるので

 

「高く買って安く売る」っていわれても

 

「無理に決まってるだろ!ふざけるな」

 

てなるわけですねww

 

ただし、これがモノを持たずに売る

「専門職」「個人」「経営者」などになると

この辺の考え方が割と筋が通りやすくなります。

 

特に専門職がわかりやすいですね。

僕自身も、とある技術を持っていて

 

現在フリーランスとして活動していますが、

 

その技術を持つために数十年以上、お金と時間をかけて

学んだり・実践したり、

 

そして自分自身の影響力を高める活動というものをしてきたわけです。

 

時間で言えば数10年。お金で言えば1000万円以上をかけて

習得してきたものなわけですね。

 

でもこの技術を数千万円で売ろうとしても

恐らく誰もいらないわけです。

 

高すぎて手が届かないわけですねww

 

んじゃーこれを数千円・数万円単位にすればどうか??

 

場合によっては数十万円単位のものもあったりしますが

そうすれば、手をのばしてサービスを買ってくださる方って

出てくるわけです。

 

それを数十年、色んな人にそのサービスを使ってもらうとどうでしょうか??

 

そう!何千万円もかけて作り上げた自分自身の技術が

数千万円以上・または億・それ以上の利益になって返ってくるって感じです!

 

これが「高く買って安く売れ」の本質です。

 

特に経営者や投資家の思考って、

ほぼほぼこんな感じなんですね。

 

不動産とかは最たる例です。

僕も現在、賃貸アパートに住んでいますが

賃貸アパートって大体そんな仕組みなんです。

 

オーナーが先にアパートを一括で買っておいて、

それを月々数万円で人に貸していく。

 

これこそ「高く買って安く売れ」

の原理を利用した方法だったりします。

 

恐らくこういった考え方で発信はほとんどされていませんが、

ある種一つの考え方としてこれを持っておいた方がいいなと思ったので

 

今日はこんな記事を書いてみましたとさ。

 

それをいつしか逸話編の中では

「周りを喜ばせ、自分は薄口の貧乏でいい」

 

そんな、何とも宗教らしい

「お金儲けは悪だ」論を伝える為に

解釈を変えてしまった部分があるのは仕方ありません。

 

ただし、この考え方には問題があって

 

「他の人は喜ぶかもだけど、自分は負け組になってしまう」

 

ざっくりいうと、

 

「自己犠牲をしなさいという思考をもちなさい」

 

という

勘違いが起こりやすいことです。

 

実際は上記のように、

「高く自分で技術や知見やサービスを作り、それを分割して安く売る」

 

という意味合いの方が現代的には合っているんじゃないかと思います。

 

僕らが普段利用しているAmazon

ネットフリックスなんかがいい例でしょう。

 

たくさんの商品がそろっているサービスを高い値段で開発して

安い値段で家に届く仕組みにしているわけで、

 

何億以上の高いお金を使って動画サービスを開発して、

それを安いお値段でたくさんの人に提供する。

 

経営する側も、働く側も買う側も誰も負けない

サービスにしていく。

 

これが商売の真髄である「高く買って安く売れ」

本質だったりします。

 

このように、天理教の外で活動してるからこそ、

教祖が求めていた本当の考え方・マインド的なものが

見ることができるようになっていきます。

 

天理教内でしか活動していない人は、

本当の信仰を深めたいのであれば、

 

教団の外(一般社会・資本主義社会)で活動していくことを

おススメさせていただきます。

 

本日はこれくらいにしておきます。

 

ものを大切にするために本当に必要なこと

 

オンリーです。

 

昨日は生かされていることに感謝することに本当に

必要なことということで、

 

 

nantenhito.hateblo.jp

 

割と見ていただく方も多く、

共感していただいた方も多かったのはもちろん、

 

天理教では今年からどうやらあの

 

こどもおぢばがえり

 

が復活するそうですww

 

https://tenrikyo-shonenkai.org/img/186KOGyoukou.pdf

 

炎天下のやべえ真夏の祭典復活ということで・・・

(普通に熱中症なって死ねるイベントです)

 

さて、この天理教が開催している「こどもおぢばがえり

このイベントでは

 

僕が子供の頃から掲げられている教えの中に

 

「3つの約束」

 

というものがあります。

 

「生きる喜びを味わいます」

「ものを大切にします」

「なかよく助け合います。」

 

 

前回の生かされていることに感謝するというのは

このこどもおぢばがえりの中で言われている

「3つの約束」の

 

「生きる喜びを味わいます」

 

からとってきたものなんですが、

 

今日はその3つの約束の一つである

 

「ものを大切にします」を実践するうえで本当に必要なこと

 

というのを発信していきたいと思います。

 

これって割と簡単なようでめちゃくちゃ難しいww

というのも解釈を間違えると、

割と沼にはまってしまうところ

だったりもするので

 

今日はこれを本質的に実践できる

ブログ内容にしていこうと思います。

 

んで、ものを大切にしますでよく間違って解釈されるのが

 

「どんなものでも大切に使っていきましょう!」

 

といわれがちです。

 

服とか靴とか、

かばんであったり、

 

そういったものをボロボロになるまで使うこと。

もちろん、それってめちゃくちゃ

大切だと思うから使っているのは

わかります。

 

が、すべてのものを大切に使った結果、

どうなっていくのか??

 

自分の家がゴミ屋敷になっていきますww

 

 

特に服や雑貨・かばんや粗大ごみや本などなど、

 

ものを大切に扱おうとしすぎた結果陥ってくるのが

 

「何も捨てられなくなる病」

 

になる人が多くなってしまうんですね。

 

これ、割と上の世代の人で陥っている人がめちゃくちゃ多いです。

 

オンリーの実家も、例に及ばず

このような家庭でした。

 

教会であることから、

敷地はめちゃくちゃ広く、

収納スペースもめちゃくちゃたくさんあることながら

 

家がゴミ屋敷寸前になっていることに数年前に気づいたのです。

押し入れには物が押し込められ、

 

収納スペースを買い足しているにも関わらず

それに収まらないほどの物の量。

 

そこから実家生活中というのは

 

断捨離を進めていったんですが

そこでとんでもないことに気づきます。

 

それは、母親父親のものだけでなく、

 

祖父・祖母の代のものも、

家の押し入れの中に大量に眠っていたのです。

 

昨年の1人暮らしを始めるまでにとりあえず

あらゆるものを粗大ごみや可燃ごみ

廃品回収などを利用して家の中から

 

ガンガン捨てていったものの、

まだ終わっていない状況だったりします。

 

割とこれってうちに限らず

どこにでもなっている現象だったりします。

 

物というのは、大切にすることは大事ではあるものの、

 

使っていないものに対して執着するのは違います。

 

日本には付喪神(つくもがみ)」という

信仰する考え方がありますが、

 

「大切に使っているものには魂が宿る」

 

大切に使っているものは大切に使っているからこそ、

それだけ使ってもらえるからこそ物も嬉しく思ってもらえる。

 

そんな考え方というのはありますが、

 

普段使っていないものを野放しにおいておくとどうなるか??

 

その使っていないものは

 

「ほこりまみれ」

 

になります。

 

つまり、

 

「いつか使うから」

 

で置いといたものは

年数がたっていくにつれ

ほこりまみれになっていき、

 

自分が住んでいる家のスペースを圧迫させれば

経年していくとほこりが積もっていき、

その「いつか使うから」も年が経つごとに

 

みるみる増加していきます。

 

それを数年続けていくだけで

家の中が「ゴミ屋敷」になっていくわけですね。

 

じゃあどうすればいいか??

 

簡単なことです。

 

不要なものは「断捨離」をしていく

 

です。

 

そう!断捨離です。

 

いらないと思ったものはとことん、

捨てていくことが大事です。

 

数年着ていない衣服とかはどんどんゴミ箱にいれていき、

 

使っていない備品・紙面などもどんどんゴミ箱に入れ、

 

「いつか必要だな」て思うような

書類とかは全部PDFスキャンしちゃって

パソコンにバックアップとっておいて

 

どんどん捨てていく。

 

これが一番

 

「ものを大切にするために必要なこと」

 

です!

 

そうやって断捨離を進めていくことで

 

本当に大切に使わないといけない「物」

しっかりと出てきます。

 

例えば僕の場合だったら

仕事で使う道具

(パソコンやiPad・その他もろもろ)であったり、

 

着る服やスマホ・カバンや

彼女にプレゼントでもらったアクセ・ケース等、

 

そういったものは割と大切に使うように

意識できるわけですね。

 

そうやって大切に使うものを決めることで

本来の「ものを大切にします」が実践できるようになります。

 

そして、不要だなと思ったものは

おいていても可哀想なので、

 

ゴミ袋に入れて、即座に断捨離をしていきます。

 

服とかも数年着ていないものはゴミ袋に入れていき、

仕事上書籍などは買うものの、

 

本などはとあるところで

ライブラリを作ろうとしている

施設があったので

 

読み終えて必要がなさそうな本は

全部その施設に献本していき、

 

また必要になったらそこにいって

返してもらえばいいだけなので

必要な分だけ自宅に置いて、

それ以外は献本するようにしています。

 

特に、部屋の中が物やゴミで散乱している状態というのは

 

人間の体でいえば、便秘している状態に等しいです。

 

体の体内に不廃物が溜まって、

体内がめちゃくちゃ汚い状態になっているのと

等しい状態になるので

 

そうなるとどこかしら体が不調を冒しても仕方ないですよね??

 

部屋も同じです。

特に自分の部屋とかって、

自分の心の状況・体内状況を表しています。

 

部屋が汚かったり、物やゴミで散乱している人というのは

自分の心がストレスなどで乱れている状態になりがちですし、

 

逆にけっぺきすぎる人は部屋もけっぺき並みにキレイです。

(これはこれでちょいと問題w)

 

そこから生かされていることに感謝にもつながるのですが、

食生活が乱れていくケースにもなりがちです。

 

だからこそ、物は大切に使う上で重要なこと、

 

それは、大切に使うもの以外は「断捨離」をしてあげることです。

 

そうすれば、残すものに対しての愛着心が湧き、

更に「ものを大切にします」を実践することができるでしょう。

 

(ここまで子供に教えられたら理想ですが、

やみくもにものを大切にしますと教えるのは割と危険なんですねw)

 

ということで、本日は「ものを大切にします」を実践するうえで

本当に必要なことということで、

 

こどものイベントの約束事を

大人になってこれの実践の難しさを痛感した内容でしたとさ。笑

 

本日はここまで!

生かされることに感謝する為に本当に必要なこと

 

オンリーです。

 

本日はなんか天理教っぽいことを書いていきましょうw

 

「生かされることに感謝する為に本当に必要なこと」

 

実は数年前、

まだオンリーが天理教の後継者を辞退していなかったころ、

とある天理教にオンラインイベントに

参加したときのことだったんですが、

 

その時期ですら、

月次祭天理教イベントに出ておらず、

(というより、コロナでほぼなかった時期ですねw)

 

ほぼほぼ天理教から離れていたものの、

そのオンラインイベントだけちょっと

どんな感じかなー??て試しに参加したことがあったんですが、

 

その際にびっくりしたことがあったのが

 

大体そういった天理教のイベントって

「自分できてないわー。やらんとあかんなー。」

 

てめちゃくちゃセルフイメージが下がりたくなるような

そんな練りあいばっかりをやりまくるのが

 

天理教らしい練りあい・談じ合いなんですが、

その時の僕は完全真逆だったんですね。

 

「なんか、関わっていない今の方が信仰者っぽくなっている!?」

 

そう!何故か関わらなくなった1年間で

自分が今まで以上に信仰者らしくなっていたことに

 

気づかされた時期というのがあったんですね。

 

その中の一つがこの

 

「生かされていることに感謝する為に必要なこと」

 

だったんですね。

 

じゃあ生かされていることに感謝することに必要なことって何か??

 

僕が思う生かされることに感謝すること。

 

天理教の組織の人間ならこう思うかもしれません。

 

「それは、上の言うことを素直に聞くことだったり、

親孝行をすることや、朝づとめ・夕づとめにちゃんと出て、

ひのきしんをしていくことじゃないのか??」

 

んー、それをやって本当に感謝できているのか??

 

恐らくできていない人がほとんどだと思います。

 

その結果、やっていることは何か??

 

酒やたばこをやめられない毎日が始まり、

(人によっては清涼飲料水ばっかり飲む人もいますねw)

 

食事も添加物まみれのご飯を食べたり、

 

飲みの後には締めのラーメンを食べ、

体にはどんどん不健康なものを摂取しまくる毎日・・・・

そして運動不足・・・

 

日々の御用や会議・行事をこなし、朝づとめ・夕づとめをやり、

食べていく為にバイト(仕事)を空いている時間に全振りする・・・

普通に睡眠不足になりますねw

 

 

そう、生かされることに感謝する本当に必要なことって

 

「食事」

「運動(仕事)」

「睡眠」

 

この三つをしっかりとバランスをとってあげる

っていうめちゃくちゃシンプルなことです。

 

食事

まずは食事をしっかりとすること!

 

実際、現代でまともな食事が食べられるところって

実はほぼほぼなかったりします・・・w

 

コンビニやファストフードで手軽に食べられるものの、

この辺の食べ物には何が入っているか??

 

そう!

 

添加物の集合体です!

 

コンビニのおにぎり・弁当・サラダ・揚げ物・パン

カップラーメン・スナック菓子など、

 

この辺は一番やばいですね。

食品を保存するうえでやばいものが

大量に入っているわけですね。

 

ファストフードも同様です。

Mがつく店やチキンのお店なども基本的には

添加物が海外の基準の倍以上は入っていますし、

 

基本的にはこの辺は不健康になる食事です。

ちなみに、チェーン店の牛丼や寿司・ハンバーグ

ラーメンもあんまりこの辺と変わらないですね。

 

んじゃあ何を食べればいいのか??

「自炊したご飯」「定食屋」

 

です。

栄養が偏らない食事をすることが

一番生かされることに感謝するうえで

体を大切にするうえで大切です。

 

ちまたでは、

 

「スーパーで売っている98%のものは添加物などなにかしら入っている」

 

ともいわれますが、

この辺は気にしすぎもよくはないのでほどほどにw

 

野菜はもちろんのこと、

基本的にはタンパク質と良質な糖をとることが重要。

 

一番いいのは鶏肉と魚と米です。

 

米は糖質がどうたらとか、

地中海食がいいやらいう人もいますが

 

それは外人の話。

 

日本人が合っている食事は基本的に「米」です。

所詮は欧米人たちが得意とする

ポジショントークなので

気にしなくていいでしょう。

 

飲み物も基本は水を2ℓのむことをおススメします。

 

これだけで肌はキレイになります。

というのも、人間の体の70%以上は水分。

 

ということは、生かされていることに感謝するためには

 

水をしっかり摂取すること

 

が第一条件になります。

 

水以外はダメですか??

基本は水が一番いいです。

 

というのも、お茶やコーヒーは

カフェインが入っているので

外に出てしまうので、あんまり水分補給にならなければ

 

清涼飲料水は論外ですね。

砂糖がとんでもない量が入っているので

特に炭酸飲料は一番やばいですね。

 

糖分0とか0カロリー書いているものも

ちゃんとみれば「甘味料」という

 

砂糖よりもやばい奴入っているので

基本的には糖尿病の元凶になるので注意です。

 

お酒も、体内にある水分をアルコールが

なくしてしまう作用があるので

飲みすぎはダメです。

 

飲みすぎているときでも、水を間に入れておけば

マシにはなるって感じですね。

 

天理教の酒飲みの

おじさま方の

肌を見れば

一目瞭然ですが、

 

キレイとはいいがたいですよね??

これは食生活ももちろんですが、

酒・たばこが原因の人が割と多かったりします。

 

タバコは1本吸うだけで30秒ほど

寿命縮まるとはいわれてはいるものの、

 

それ以外の部分でも見ても

大体喫煙者が30代を越えてきたときに

露骨に老け顔になるのはもちろん、

肌が汚くなっていくのがわかります。

 

女性の喫煙者は肌のツヤ・ハリが

非喫煙者の倍くらい露骨に違いがわかります。

 

(この人タバコ吸っているなってみただけでわかるようになります。)

 

肌が汚くなると、肌に水が行き届いていない状況なので

別のところ(内臓関係等)はもっと

水が行き届いていない状態になってしまうので

病気になる可能性もがっと上がります。

 

その為に水分補給はこまめに、

毎日2ℓ以上は飲むように心がけましょう。

 

オンリーも大体1日3ℓ以上はちょびちょび飲んでいます。

それのおかげなのか??肌は常にキレイな状態をキープできています。

(たまにアトピーなどで荒れることはありますが・・・)

 

運動(仕事)

なんだかんだいって、

生かされていることに感謝するためには

 

「仕事」をすることです。

 

とはいえ、ただただ

青年ひのきしん隊のような現場作業や

草むしりをするって話ではありません。

 

(オンリーも個人事業主ですので、基本的には体動かす仕事ではありません。)

 

今の時代はオフィス内での仕事も多く、

外に出る仕事というのが当たり前ではなくなりました。

 

しかし、それでは体が鈍ってしまい、

それこそ年を取ったときに不健康になり

生活習慣病になりかねない。

 

それを予防するうえでやるべきなのが

 

「運動」です!

 

この運動をやっているかやっていないかで

生きて行く上での幸福感も全く違うのだとか。

 

脳内にセロトニンという物質が出てくることで

健康的にもなれば、幸せにもなりやすい体質になるわけですね。

 

とはいえ、いきなりランニングや筋トレしろという話ではありません。

 

最初はウォーキングで大丈夫です!

 

1日20分歩くだけで全然変わります。

年に1回十三峠越えするよりも、

 

1日20分歩く方がよっぽど効果があります。

 

それに慣れてこれば、ランニングや筋トレなどに

変えていけばいいのです。

 

というのも、オンリーもコロナ期間に

個人事業主に代わりましたが、

連日続くステイホームもあったおかげで

運動しなさすぎで気が滅入ってきてしまい、

 

「このままではやばい!」

 

と思い、近くの公園に毎日ウォーキングを

始めたことがきっかけでした。

 

そこからいつしかランニングを始め、

最近ではジムに週に2,3回ほど筋トレに行くほど

運動好きになってしまいましたw

(ちなみに元々運動大嫌いですw)

 

ただ、運動をしていることで

頭の回転もめちゃくちゃ上がることにより、

 

仕事もめちゃくちゃ調子よく、

前に比べて心がやむこともほとんどなくなりました。

(日光を浴びて体動かすとめちゃくちゃ心も晴れやかになります。)

 

+、この時間にイヤフォンで音楽ではなく、

色んな勉強関係の音声を聞く時間に変えることで

 

運動+勉強という自分の中で実りのある時間を更に

過ごすことができるようになっていったのです。

 

当初はYouTubeなどの

勉強系動画(中田〇彦のYouTube大学等)

を流し聞きしていましたがww

 

とはいえ、最初はそんなもので全然大丈夫なので

そのような運動する時間を作ることこそ、

 

生かされていることに感謝を本質的にしやすくなるわけですね。

 

「睡眠」

 

最後に重要なのが言わずともなく

「睡眠」です。

 

学生時代の学生会などでは

 

「24時間、学生会の為に心を尽くす覚悟を持て!」

 

などととんでもないほど体育会系のことを

言われた記憶が懐かしいですがw

 

これは割と間違っていて、

睡眠不足になることで、

思考が正常じゃなくなることで

パフォーマンスが低下するっていうのは

 

割といろんなところで言われたりしています。

 

「エッセンシャル思考」という本の中では

 

「睡眠不足はお酒で酔った時と同じくらいの状態になる」

 

とよく言われていますが、

本当にその通りで、仕事など何に対しての

パフォーマンスが低下することから

 

基本的に睡眠は生かされていることに感謝する上でも

自分の体を大切にしていく為にも

睡眠をとることは最重要視した方がいいくらい、

 

するべきことだと思います。

 

僕の場合は基本的に7~8時間は確保できるようにしていて、

時には寝ずに行かないといけない時もあるとはいえ、

 

それは数年に1,2回くらいにしています。

それ以外は絶対に寝ることを第一に、

 

どれだけ忙しかろうが、昼寝をとってでも7~8時間寝ることを

意識しています。

 

(大体12時前後で寝て、7時か8時くらいに起きる生活。帰りが12時超えたり遅い日は、次の日を9時10時まで寝れるように調整する。)

 

そうすると仕事もはかどれば、

体の状態も基本的には常々元気でいられます。

 

とはいえ、天理教の実家にいる時は

嫌でも朝づとめの音で起こされることがしばしばありました。

 

朝づとめに出るくらいなら

それに出る時間を睡眠にあてて

その後自分の中で日記や日誌を書いて

今日何をしていくのか??を整理する方が建設的です。

(朝につとめをして、朝礼をする意義というのは

実際は集団戦の中でそこが目的なので、

それを個人に直すとこのような形になります。)

 

それか、教会じゃなくても近くの神社に歩いて

参拝だけするで全然大丈夫です。

 

オンリーの家の近くに神社があるので、

朝ウォーキングも兼ねて神社参拝をたまに行くようにしています。

 

皆さんも生かされていることに感謝する上で

睡眠をしっかりとるようにしていきましょう!

 

本日はここまで!

天理教教会長後継者(末端教会)が女性からモテるようになる方法を考えてみた その2

オンリーです。

 

前回は

 

天理教教会長後継者(末端教会)が女性からモテるようになる方法を考えてみた

 

という何ともいえないテーマで話していきましたが・・・笑

 

 

nantenhito.hateblo.jp

 

 

でもこれってめちゃくちゃ

天理教や宗教者のみならず、

 

人の為に尽くすうえでめちゃくちゃ

重要なことだったりします。

 

信仰者と呼ばれる人が

目指すであろう人こそ、

「成程の人」

 

ですが、

 

男性・もしくは教会長

なる人間がそれを目指すうえで欠かせないのが

 

男性的魅力

 

いわゆるモテ度をあげることだと僕は思います。

(女性なら女性的魅力ですね。)

 

それができれば、困っている女性に限らず、

どんな人でも助けられる能力を持つことができ、

 

周りも助けられるだけでなく、

ハッピーになれる人が増えるわけです。

 

もちろんモテない人でもできなくはないですが、

モテる人の方がなるほどの人にはなれやすい。

 

だからこそ、こんな「モテ」に特化した

記事を書いたりしているわけですねw

 

(ちなみに、オンリーは天理教をやめたとはいえ、目指しているのは「ただモテるではなく、本質的にモテる男性になる」だったりするので、自分のアウトプットの為にもブログを使って発信しています。笑)

 

本日はそんな、

天理教教会長後継者(末端教会)が女性からモテるようになる方法を考えてみた その2

 

をお送りいたします。

 

前回あげた目次は

 

1,定職に就く・副業をする

2,見た目の改善

3,教会本部・大教会・上級・親のいうことは100%無視する

 

特に3の

教会本部・大教会・上級・親の言うことは100%無視するは

偏っているようで、辛らつのようで

 

ここは一番本質の部分だと思うので

女性にモテる成程の人になるうえで必需品だったりしますが・・・w

 

今回はそれ以外の、

3つのモテる方法をお送りしましょう!

 

 

4,月次祭・行事や会議には顔を出さない

 

割と3つ目と共通していますが

100%無視するからこそできる所業。

 

それが月次祭・行事・会議には顔を出さない

 

です。

 

いやいや、

 

「オンリーさん、月次祭はさすがに出るべきでは??」

 

という意見が飛んできそうですが・・・

 

いや、月次祭も出なくていいですw

 

何故か??

 

はっきりいって、

 

今の天理教月次祭に意味がないからです。

 

「Why??」

何故か??

 

そもそも、教祖時代に

月次祭というものはあったのか??

 

あれ??なくない??

「おつとめ」は確かにできましたが

 

月次祭なんてものはなかったんですね。

んじゃあなんでできたのか??

 

簡単に言うとこれは・・・

 

天理教団が作った江戸幕府の参勤交代制度のパクリ

 

ですねww

 

参勤交代とは??

ざっくりいえば

 

「江戸まで定期的にみんな歩いて来てね。

もちろん自費で来てほしいのと、地方の名産品(お供え)も一緒に持ってきてね♪」

 

です。

 

これで当時の周りの藩たちの財力や時間を奪い、

200年間反旗を翻されずに運営できた一つの政策でした。

 

天理教団も、これを教えの中に組み込み

それをルールに入れ込んだんですね。

 

おぢばまで毎月来てください。お供え(お金)もって+自費でね♪」

 

作戦です。

 

それを教会制度を入れることで

大教会・上級などもいれていくようになるんですね。

 

「毎月大教会までお供え持ってきてね。お供えもってもちろん自費で♪」

 

これに従うとどうなるか??

 

時間「お供え」というお金を

棒にふるうことになるので、

 

「自然とモテない男性」が形成されていく

 

って感じですねw

 

じゃあ簡単ですね。

 

月次祭のみならず、行事や会議も

ほぼ時間だけ浪費されることになるので、

 

この時間を働く時間とか

プライベートの時間に費やする方が絶対にいいです。

 

後は「環境」で人はほとんど変わるわけですが、

 

今の天理教月次祭や行事や会議に出ている人の

状況でモテるようになるのは

 

はっきりいってほぼ無理ゲーです。(笑)

 

だって、周りにモテている会長・信者の人で見ると

ほとんどいないですよね??

 

むしろそういう人たちって

天理教団の参勤交代を

やってきた人たちしかいないので

 

教団や大教会から常々

力を削がれ続けている人たちだからです。笑

 

それだったら出ない方がよくないですか??

 

別に後継するとしても

大教会や上級の月次祭にでないといけない理由って

ないですよね??

 

昔の名残でやっているだけです。

それを周りが同調圧力

やるべきものにしているだけなので

そういうところに顔出さず、

 

その時間で仕事を進めたり、

プライベートの時間を作ったり、

もっと魅力ある人たちと話す時間に変えたり

自分のやりたいことに時間を使う方が

よかったりします。

 

周りからは「異端」呼ばわりされるかもしれませんが、

 

そもそもをいうと

 

今の天理教団そのものが天理教の異端なんだから仕方がない

 

と思えば、問題ないでしょう。

 

歴史を調べればわかること。

 

明治20年に教祖が亡くなって以降(あえてこの表現にします)、

 

教祖が目指していた教えとは逆行している。

 

講は作れとはいえど、教会を作れなんて言われてなければ

「理の親」なんて言葉も言っていない。

 

「心次第が天の理や」

 

という教えがある中で、現在ではお供えの強要や

月次祭の参加も義務的なものになっている。

 

そんな異端めいたことをしてきておいて、

周りに「異端」だということ自体が

おこがましいですねw

 

なら、上級や大教会・教会本部の月次祭に出る意味なんて

ないに等しいです。

 

もちろん、おつとめという一つの「祈り」をすることに

意味がないというつもりはありません。

 

それを真面目にされている方がいることは理解して

この記事を書いていますが、

 

毎月2時間かけて義務的に

全部をやる必要はどこにあるのでしょう??

 

心次第でやるべきではないでしょうか??

 

「やりたいならやる!やりたくないならやらない。

それでもやるべきだと思うんだったらやればいい。

やるべきではないのならやめておこう。」

 

それくらいの気持ちでやる方が楽です。

 

僕は個人的には今の月次祭にしても、

行事や会議は行くだけ行って

結論として、

意味がないと思ったからいかなくなっただけです。

 

まあ、女性からモテるという観点から考えれば

行くべきものはないですね。笑

5、教会にお供えはせず、余ったお金で「自己投資」をする

 

ここも大きなポイントで、

基本的にはお供えは原則「やらない」が正解です。

 

昔は教団にもたれておけば、

まあ何とかなった時代もあったのは確かですが、

 

今はそんな都市伝説みたいな話はありませんねw

 

「お供え」をすればそのお金はどこにいくのか??

 

教団か大教会か上級にしかいかないわけです。

 

それによって、組織が繁栄していくのであれば

ある意味会社に「投資」をする感覚なので、

 

それで自分たちにも返ってくるものならいいんですが

 

基本的には天理教の組織は「ピラミッド構造」です。

 

こういったところって大体ポンジ・スキーム

という金融詐欺の用語のような現象が起こっているわけですね。

 

ja.wikipedia.org

 

 

簡単に言うと

 

「企業等上層部が末端からお金を集めて、そのお金を自分たちで山分けして終わり」

 

 

ていう仕組みですねw

 

お供えを払った分だけ、

対価が返ってくるはまずないですねw

 

お供えを払い続け搾取され続けたらどうなるか??

 

手持ちのお金が無くなり

モテなくなっておしまいですねw

 

んじゃあ搾取されるのであれば、

お供えをせずに

自分という資本に使うことが重要です。

 

お供えしていた分を

先ほどの自分の見た目に投資したり、

 

教団から搾取されないための方法や

自分の仕事のスキルを上げるための

「知識」に投資したり、

 

6にもつながりますが、

女性と出会うためのお金に変換しちゃいましょう♪

 

それの方が、間違いなく最終的には

 

自分含め、自分の周りの人たちの「陽気ぐらし」につながるからです。

 

ちなみにオンリーは、

実家に住んでいる時代から

大体を「自己投資」にもっていっています。

 

天理教のみならず、

 

自分の事業に関係ある本は片っ端から

読んだのはもちろんのこと、

 

たくさんの商業出版書籍と呼ばれる

本を100冊以上は読みましたし、

 

ネットに出ている

割と本質的な内容で発信されている人たちの

オンライン講座を購入したり

(半分以上はぼったくり並みにひどいものもありますが・・・笑)

 

コミュニティなどにもお金を使います。

 

直接セミナー会場に足を運んで

経営者や著名人の人などからの知見を得るようには

現在も進めています。

 

お供えをしても基本的には何も得られないものの、

本や講座などは内容がある情報が得られます。

 

もちろん、稼げる能力も、

モテる能力も世の中には出ているわけです。

 

無料でもネットで出ていたりしますが、

最初はそれでも大丈夫です。

 

とりあえず、時間とお金を教団の為ではなく、

周りを幸せにするために、

そして自分のレベルを上げる為に

使っていく方がいいですね。

 

(ただし、踏み外すとネットワークビジネスや地に足がついていないスピリチュアルなどにいってしまうので、マジで注意は必要ですが・・・)

 

勉強する内容は割と何でもいいです。

 

モテたいのなら、モテる方法を解説する人が

今では多くいますし、

 

特にお金の情報を学ぶことは

今の時代絶対にやっておくべきことでしょう。

(日本はお金の教育0に等しいのでw)

 

6,女性との出会いの数を増やしまくる。

 

そしてここからはそもそも論に入っていきましょう!笑

 

いくら顔立ちよかろうと、

年収が高けれど、

仕事できていようと、

 

出会いがなければモテるなんてありえません。

 

最近のエンタメ系アニメは

そんなモテない男子がどこかしらで

可愛い女の子と出会えるって設定ありますが、

 

普通にしていてありえないでしょww

 

自分から行動しない限り新たな女性と出会うなんてできないわけです。

 

「いやー、そういわれても出会いがありません。」

 

「天理内だったら、お見合いパーティーくらいしかないのでは??」

 

とか言われる方いますが、

いやいや、今の時代女性と出会える方法なんて無限にあります。

 

ざっとあげていくと

 

マッチングアプリ

(ペアーズ・WITH・Omiai・タップル・ハッピーメール・Tinder等)

 

・婚活サイト

楽天オーネット・ゼクシイ縁結び・ペアーズ等等)

 

・街コン

 

相席屋

 

・ストリートナンパ

 

 

などなど、

 

まあ探せばなんぼでもあります。

 

ちなみに僕のおススメは「マッチングアプリ」です。

 

特に生身の女性と会うことになれていないのであれば

一番はアプリであっていくことがハードルとして

低いからですね。

 

特におすすめなのが「ペアーズ」「With」

 

この辺はマッチングアプリの中で

真面目な女性が多いので

 

最初にやるのならこの辺がいいかと思います。

 

www.pairs.lv

 

with.is

 

特に「ペアーズ」と「With」は

FACEBOOKに連携しておけば

 

FACEBOOKで友達になっている

周りにばれることは

他のアプリに比べたら

かなり激減できます。

(0にはなりませんがw)

 

FACEBOOKを積極的に友達申請しておけば

身バレ予防は可能です。

(オンリーは昔にFACEBOOKは知り合ったらすかさず

友達申請してたおかげなのか??ほとんどばれなかったです)

 

とりあえず出会いの母数を増やさなければ

どんだけ外見やそれ以外をやっても無駄なので

 

どんどん行動していきましょう!

 

余談ですが、

 

アプリやる際は最初の方は天理教のことは

隠しておくべきでしょう。

 

統一教会問題以降、宗教の偏見は更に深くなりました。

 

なので、家が宗教をやっているや、

宗教と関わっているってだけでまあ

女性からかなり減点対象になります。

 

オンリーもそれで何人か足切りをくらっておりますww

興味ある方はこの辺も読んでみてください↓↓

 

 

nantenhito.hateblo.jp

 

 

 

という感じでいかがでしたでしょうか??

 

今日は天理教教会長後継者(末端教会)が

女性からモテるようになる方法

というものを真剣に考えてみました。笑

 

結局、最終的に結論としては

 

「環境を変えましょう」

 

という結論になってしまいます。

 

教団のイベントに出ている人の

ほとんどは

あなたを

「モテない男性」にしていく

人しか周りにはいないということです。

 

なら、仕事をするなり、

出会いを増やすなり、

 

自分自身をモテる環境に変えていくのが近道です。

 

可能であれば、親とは別々で暮らすが

ベストですが、

 

それができないのであれば、

2つの記事にまとめたことを実践するしかないでしょう。

 

というわけで本日はこれくらいにしておきます。

天理教教会長後継者(末端教会)が女性からモテるようになる方法を考えてみた その1

 

オンリーです。

 

だいぶ前に、天理教教会長後継者が歩む末路5選」

投稿しましたが、

 

 

nantenhito.hateblo.jp

 

その中で一つあったのが

 

びっくりするくらいモテない

 

です。(笑)

 

これはマジであるあるですが、

 

天理教教会長後継者というだけで

その人がどれだけ魅力ある男性だろうが、

 

どれだけ人間性をもっていて、

ええ人だったとしても

 

女性からモテるというのは

ほぼほぼ無理ゲーなんじゃないか??

 

この立ち位置にいる人らというのは

実際、学生時代はバカくそモテる人も

多かったりします。

 

オンリーも大学時代~天理教勤務時は

彼女がいない時期が1年途切れることがないほど、

 

どうやらモテていた人種でした。(笑)

 

高校時代は学生会という集団合コン(ネット上の呼称)

の中で、携帯を使っていない時代だったので

何故か家にラブレターが届いたり、

 

大学生の間は出会いに困らず、

1年以内に新しい彼女ができていた時期も・・・

 

 

修養科という3か月の修行??期間には

1人で歩いていたら、

女性から逆ナンを何人かからされたほどですww

 

しかし、実家の教会に戻った後はどうなったのか??

 

びっくりするくらいモテなくなりました。(笑)

 

そもそも新たな出会いがある機会が激減し、

あげくの果てには教内で行われている

お見合いパーティー(仕〇わせパーティーという奴)

に行くくらいしか選択肢はなく、

(しかも男子の申し込み者多すぎて抽選っていうねw)

 

数年が過ぎていったのを覚えています。

 

あげくの果てに始めたのが

今話題になっているマッチングアプリ

 

しかし、実家がそんなところで

アプリでは不利となる

ステータスは「実家暮らし」・

フリーランスもしくはフリーター」・「低年収」

 

年収も低く、

天理しか知らなかったオンリーにとっても

一般女性というのはかなりハードルが

 

高い存在であることを数十人と

やり取りをして直接あったりして

痛感していくこととなります。

 

nantenhito.hateblo.jp

 

僕はこの結果、

天理教教会長後継者を辞退したわけですが・・・

(ちなみに今はマッチングアプリを経て彼女ができ、

上手いことお付き合いしています♪)

 

んじゃあせっかくなので本気で考えてみましょう!

 

天理教教会長後継者が女性からモテるようになる方法とは??

 

(笑)

 

ふつうにむずくないですか??

一番簡単なのは

 

教会長を辞退する

 

が手っ取り早いですが、

今日はあえて、

教会長後継者は辞退せずに

モテる男性であり続ける方法、

 

そして、モテる教会長であり続ける方法。

これを僕なりに考えて

発信してみようと思います。(笑)

 

むしろ教会長後継者で女性にモテることができたら

男性としてはもはや無敵です。(笑)

 

心次第のお供え(献金ではない)を

してくれる人も出てきそうですよね

(もちろん詐欺とかではなくいい方向で)

 

とりあえず今回は前提として

天理教末端教会長後継者」という設定で

考えていきましょう。

(上級や大教会だと割と献金などで裕福暮らしできている奴も多いので)

 

 

 

1,定職に就く・副業をする

 

まず最初にやるべきは「仕事」です!(当たり前ですね)

 

男がやるべきこと、

それは・・・

 

「結婚した後に家庭を養っていく」

 

です。

 

その大前提となるのが当たり前の話ですが

 

「どれだけ収入があり、仕事ができるか??」

 

は一番のハードルだったりしますね。

 

特に天理教家庭は他のブログでも書いていますが

世帯年収が200万円以下の家庭が多かったりします。

 

当時は「お見合い」であったり、

そういった文化もまだ残っていたことから

 

天理教教会長後継者という低年収でも、

「いい人だから」という

周りからの評判があれば

モテることがなくても結婚ができていた時代でした。

 

特に教会の娘は、

親の権威性によって縁談の話を

やたらと作られたこともあるでしょう。

 

しかし、現在の結婚の大前提は「恋愛」が不可欠です。

 

恋愛っていってしまえば「実力社会」

いわば「弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)」です。

 

そして男が見られる場所はもちろん

「見た目」ではあるものの、

 

それよりも重きを置いて見られるところが「仕事」です。

 

天理教教会長後継者(特に末端教会の師弟)は

ほとんどが定職に就かず、

 

パートやアルバイトで生計を立てている人が多いですが

 

まずここから脱出をすることをおススメします。

 

これは大前提。

 

「いや、行事や会議で定職つくなんてできないんですけど・・・」

 

「定職ついたら、上級や大教会・本部の月次祭にいけないじゃないですか??」

 

こんな声が飛んできそうですが

 

ここは辛らつに言っておきましょう。

 

「だから、あなたはモテないんですww」

 

上記の内容は後に解説するとして

まずはちゃんとした仕事に就くことが大切です。

 

普通に会社員になれるのなら、

会社員になればいいですし、

 

無理であっても、フルタイムで働ける職場から

やっていくだけでも

年収を200万円以上超すことは容易いはずです。

(地方によりけりですが)

 

僕も実家に戻ったとき始めたのは

「フルタイム」の仕事でした。

 

月に20万円程度稼げ、

社会保険も完備されていたところだったので

実家で固定費がかからなかったので、

割と生活には全く困らずでした。

(その当時は実家へ数万円献金していましたがw)

 

現在は自分で事業を進めてやっていますが、

収入はその頃よりも今の方が圧倒的に多ければ、

 

時間も今の方が割と自由が増えたので

(当時は週5~週6のフルタイム+副業だったので)

 

まずは仕事からしっかりとしていくことをおススメします。

 

定職に就く場合は一番は

プログラミングなどのエンジニアやIT系の会社あたりで、

 

おススメできないのは製造関係や介護業界。

(まあ割と大変なのと、給料も低めです)

 

個人でやるのであれば動画編集やライター

LINE構築代行・Webライティング

あたりがおススメですかね??

 

ユーチューバーとかブロガーはちょい

推奨できないです。(終わりが見えているので)

(オンリーも本業は両方使っているものの、

このブログは趣味程度でやっています。)

 

僕は上記のことではなく、

自分の元々持っていたジャンルが違うスキルで

現在も勝負していますが、

 

今の時代、割と何でも仕事にできる時代にはなってきました。

(僕がやっている仕事も昔は個人ではなかった職種です)

 

個人でやる場合は0→1にするまでに時間がかかるので

(大体半年~3年は見積もっておく必要がある)

 

基本的にはフルタイム労働+副業でやることをおススメします。

(オンリーも最初はフルタイム+副業で始めて、

仕事が増えたあたりにパート+副業を経て

副業を軸に個人事業主へと転換しました。)

 

特に個人事業は安定しないと思われがちですが、

 

実はやり方さえ間違えなければ、

収入が落ちることはほぼありません。

(現にオンリーの事業はちょっとずつではあるものの、毎年右肩上がりです)

 

特に天理教教会長後継者というレッテルを貼られている人は

昔の価値観に縛られず、

 

まずはここからやっていくことをおススメします!

 

余談ですが、

天理教内で

 

「道一条を通らず、仕事をするのは悪だ!」

 

ていう人はよく見かけますが、

 

それは実は間違っています。

教祖がいなくなった後の人が作り出した虚構(フィクション)

だったりします。

 

教祖の言葉にもある

 

「はたはたのものを楽にすること」

 

これは「仕事」についての言及している言葉だったりします。

 

「傍(はた)」を楽にする→働く

 

周りの人を楽にするために働く。

 

本来の日本での「働く」というのは

「はたを楽にする」からきています。

 

自分がしっかりと仕事をすることで

周りを「楽」にする。

 

その対価に、お金という有形のものがもらえ、

周りを豊かにしていく。

 

そう思えば、妥当ではないでしょうか??

 

2,見た目の改善

これも当たり前の話ですねw

 

とはいえ、この辺は最低限のことをやっていけばOKです。

 

近頃はメンズメイクなど、

男性に対しても美容のものを

販売することが多くなっていきましたが

 

そんなものは全然やらなくて大丈夫です。

(というより、年を重ねたら肌あれまくるので、おススメしません。)

 

 

まずは水を2ℓ以上毎日摂取すること。

 

特に人間の体の70%は水分で成り立っています。

一番肌をきれいに保ちやすい方法は水を摂取することです。

お茶ではなく、水です。

(水道水はかなりやばいのでお勧めしませんw)

 

これをやっているだけでまあ7・8割は見た目改善につながるでしょう。

 

そして食事です。

 

一番ダメな食事は「コンビニ飯・ジャンクフード・ファストフード」です。

 

コンビニ飯やジャンクフード(カップラーメン)は

基本的に添加物の集合体のような食べ物なので、

 

原則、食べないことをおススメします。

(スーパーのお惣菜なども然り)

 

この辺をやめて自炊をするか

定食屋で食べることをおススメします。

 

外食で一番推奨しないのは「ファストフード」です。

 

Mがつく店やチキンのお店は論外です。

あれを食べるだけで毎日の元気に

過ごせるエネルギーも削がれれば、

 

肌も馬鹿みたいに荒れるので、

基本的には食べないことを推奨します。

(特に日本のファストフードは

添加物が海外よりもめちゃくちゃ入っているので、毎日食べるはNGです。)

 

 

余談ですが、天理教信者が大好きな

「お酒」「清涼飲料水」なども推奨しません。

 

「お酒」は特に体の水分をもっていってしまうので

肌荒れはもちろんのこと、

 

上世代を見ればめちゃくちゃよくわかると思いますが

「メタボ」「痛風」などの元になっています。

 

清涼飲料水、砂糖系飲料も同じですね。

太れば肌荒れれば、糖尿病になる可能性もかなり上げますので、

基本は飲まないことをおススメします。

 

というより、生かされていることに感謝するのであれば、

まず「食事」は本当に気を使った方がいいってところですね。

 

 

後は髪型や眉毛など、

この辺をしっかり美容院行くなりして

維持することが大切になりますね。

 

服装もできれば、おしゃれなものを着ると

見た目部分の改善にはつながるでしょう。

 

見た目に関しては、僕も専門ではないので割愛しますが、

 

要は「清潔感のある男子」に年を重ねても

なっていくことが大切ってことですね。

 

「結局見た目かよ」

 

て思われる人もいますが、

見た目って自分の為にやるって

思いがちですがこれは間違いです。

 

「人の為にやる」

 

出会った人が、関わる人たちが

「この人と関わってよかった!」

 

て思ってもらえる第一段階こそ「見た目」です。

 

周りの人にいい気分で関わってもらうために、

まずは見た目を意識しましょう♪

3,教会本部・大教会・上級・親のいうことは100%無視する

 

そしてここからが本題です(笑)

 

一番天理教教会長後継者(特に末端教会)がモテなくなる要因。

 

といいっても過言ではないw

 

それこそがこの「親」という部分です。

 

自分の「親」はもちろんのこと、

 

天理教には教会本部・大教会・上級という

「理の親」と呼ばれる

 

この世で最もミステリーな「親」がいますw

(マジでミステリーすぎません??)

 

そしてこの「理の親」のいうことを

素直に聞くことが、よしとされる文化というのが

 

教祖がいなくなって以降、教会制度というものを通して

現在も横行しているわけですが、

 

安心してください

 

「100%、フル無視してもらって大丈夫です!」

 

無視でいいんですか??

 

はい、無視してください。

 

むしろこの人らの言うことを聞くからこそ、

モテなくなるし、仕事もできなくなるし、

毎日よくわからないことで忙しくなってしまうのです。

 

僕は一応実家かえって数年間は

この人らと向き合おうとした時期もありましたが、

 

向き合ってわかったことが一つありました。

 

「心から尊敬しようと思える人がいない・・・」

 

そうなんです。

俗にいう「成程の人」と呼ばれる人が

誰一人その界隈内にいなかったのです。

 

そんな人の元でいてしまうとどうなるか??

それが10年後のあなたの姿です。

 

10年後、あなたがそうなりたいのであれば

そうしたらええと思いますが、

 

そうなりたくないのであれば、

その意見を聞く必要はなんなのでしょうか??

 

いつも酒ばっかり飲んで、

説教ばっかり聞かされ、

内容のない話を聞いたり、こき使われたりして

それでモテるかといわれたらモテるわけありません。

 

あるとしても、教会内にいるおっさんと奥様方には

モテても、それ以上はないわけですね。

 

「上の言うことは素直にはいと答える」

 

これも教祖がいなくなってから作られた

「虚構(フィクション)」

にすぎません。

 

素直にはいと聞けるような素晴らしい・お心の良い人から

言われたことは聞くべきでしょうが

あなたの理の親と呼ばれる人や

実の親はそんな教祖のような、

 

それとも別宗教の祖である孔子

ブッダやキリストのような人なのでしょうか??

 

違いますよね??

 

なら100%無視することをおススメします。

 

親の言うことを聞くことが「親孝行」だと

教えられることが多いですが、

 

本当の「親孝行」は親をいい意味で絶望させることです。

 

そうすれば理の親にしても実の親を越えることができ、

本当の「成程の人」に近づけ、

 

女性からもモテる素養を持った人間になっていけるでしょう。

 

あと二つあるのですが、

ちょいと長くなってしまったのでここまでにします!

 

次回もお楽しみに!